第25回奥武蔵ウルトラマラソンに参加

「第25回奥武蔵ウルトラマラソン」を走ってきた。
画像


このイベントは奥武蔵の林道グリーンラインを中心に78kmを走るウルトラマラソンである。

制限時間は12時間、AM7時スタート、19時ゴール閉鎖となっている。

昨年も参加、直前の4月に体調を崩し10日程入院した事もあり走り込み不足からかDNF、今年は何とかリベンジしたいと思い臨んだ。

このイベントは2006年から参加しており過去6回完走しているが最後の完走は2013年で今回迄4年間完走出来ていない。

その2013年は制限時間のギリギリ10分08秒前だった。

今回は個人的なオクム練習会を企画したところ心優しい多くの仲間が「付き合ってやるよ!」と全コースを3回に分けて一緒に走ってくれた。(感謝、感謝である。)

そんな事も有り仲間の心根に応えたく何とか完走したいと思うが走力が落ちている昨今かなり難しい事だと思う。

しかし反面、どこまで頑張れるか楽しみでもある。

初夏の大好きな奥武蔵の山々を思いきって楽しんできたいと思う。

天気は快晴、気温は高く成りそうである。
汗かきのマイケルは注意が必要だ。

会場の毛呂山運動公園を出発、鎌北湖~獅子が滝~桂木観音~を巡る前半のコース(約20km)は日影が少なく暑い日は難コースである。

場所によっては爽やかな風が有り気持ちよく走れる。
画像

画像

しかし、鎌北湖迄は走って登ったが獅子が滝迄の登りは未舗装のことも有り走りずらく既に歩いていた。
画像

その後の桂木観音迄の登りも殆ど歩きであった。
画像

「オリンピックナショナルゴルフクラブ」(エーデルワイスGCの名称が変わっていた。)の登りは全て歩きであった。

その後の2度目の鎌北湖の登りも全て歩きに成っている。

鎌北湖からの林道グリーンラインの急坂は当然走れる事は不可能だった。

かなりのタイムロスが出る。

そればかりでなくこの暑さで前半20kmでかなりダメージが出た為か力が入らず時々睡魔迄もが襲ってきた。

もしここで座り込んでしまったらぐっすり眠れるだろうな?
座ってしまおうかな?(笑)

でも、歩みを止めることなくゆっくりでも歩を進める。

清流エイド(25km)では江戸一RCが運営している。

ヤスさん、永里子さん、コーチ、会長、猫耳さん達が歓待してくれた。
(疲労で余裕が無いのと、嬉しさの余り写真を撮り漏らした。)クーリッシュやパピコを頂き元気が出た。
往路の写真の代わりに復路での写真でご容赦ください。
画像


この大会はエイドが充実しているのには定評がある。

ユガテASでは焼き鳥とビール(もちろんノンアル)がある。
画像
画像
画像

ASと言えば、「阿寺名水エイド」(私設エイド)では、スポドリと水だけのASがある。
ここの名水が美味しい。
画像


「美味しい水だね。」と言うと喜んでくれる。
そんなやり取りも楽しいものだ。

顔振峠(34km)に着いたのは12:30ちょっとやばいかも、思惑より30分は遅い。
画像


平九郎茶屋の女将さんに挨拶のみし、先を急ぐ。
画像


「傘杉峠エイド・トリさんAS」にヘロヘロながら着いたのは12:50、トリさん、ププママ、タフマンさんが歓待してくれ元気を貰う。

タフマンさんは療養中で今暫く走れないようだが、この様にランナー達の応援をしてくれる事に感謝一杯の気持ちである。
画像


「刈場坂峠AS」迄残り10kmを制限時間14時にはどうしても間に合わない。

そこでトリさんに「DNFとなるが、行けるところまで行きたいので、帰るときは車に乗せてもらいたい。」とお願いしていた。

その後織姫さんの碑により合掌
画像


高山不動AS(38km)には今年も太田先生が仕切っていた。
画像


挨拶もそこそこに先を目指す。

すると「マイケルさん!」と声を掛けられた。
画像


M@平塚のまゆまゆさんだった。

何年振りだろう?今年はランナーでは無く、仲間の応援の様だ。
ウルトラのレジェンド的な神〇さん、マサさんも走っている筈だが気が付かなかった。

「健ちゃん」「美和ちゃん」と出会う、快調なようだ。
画像


次のエイド飯盛AS(41km)に着いたのは14時過ぎ、3.4km先の刈場坂あと少しであったが今回もDNF決定で有るが、リタイアするのでなく、ここからゴールまで引き返すことにした。
画像


ここで「むらっち」」「ププさん」と出会った。

二人を見送ったのちたっぷり休憩し折り返した。

暫く走っていると見晴台AS付近でトリさんが車で折り返して来て「どうするか?」聞かれたが、「少し調子が出て来たのでこのまま走ります。」と残りも走ることにした。

でもまだかなり残りが有るので少し不安ではあった。(笑)

下りは走るが登りは歩く事で何とか成りそうであった。

だが、黒山付近と帰路のユガテ付近が一番苦しく身体が動かない状態だった。

ユガテASでは辛抱できず椅子に座り暫く休憩、。

空腹であるが飲み物、食べ物が有るが身体が受け付けなく飲めるのは水だけだった。

頭から水をかけてもらい、辛抱して歩いていると再び徐々に復活してくれたので助かった。

18時過ぎにゴールした後DNFを申告し今年のオクムは終わった。
画像


結果的にスタート~飯盛AS迄が41.8km、飯盛峠~ゴール迄が21.4km合計63.2kmを走った事になる。

今回の成果はDNFだが11時間走り続けられた事のみであるが、反省材料が多くあり、次回に生かせればと思う。

この記事へのコメント

WaltterTiedE
2018年10月13日 02:43
Ремонт промышленной электроники https://prom-electric.ru/
KarlaLiarf
2018年11月05日 18:53
Доброго времени суток, ищу дистрибьторов и партнеров для продажи
одежды элитного (молодежного сегмента) писать в инстаграмм - https://goo.gl/196Kmn
Будем рады любому сотрудничеству