もう一つの東京マラソン・伊豆大島ふれ愛ランニングストーリー

3万人が走った東京マラソン、そして1週間後、同じ東京で行われたマラソン、参加者300名強の「伊豆大島ふれ愛ランニングストーリー(フルの部)」に参加して来た。

26日の22時発のカメリア丸にて、竹芝桟橋を出発、27日伊豆大島・岡田港に6時に到着。

この船には渡○先生、沖○さんを始め、楽松師匠、赤○先生、タフマンさん、セシリアさん、屋○さん、椿○さん、加○さんと知り合いが多くいて、楽しいマラソンツアーに成りそうで有る。

到着した岡田港では、いろはにほへと塾のやまさんが迎えに出てくれている。(でもチョッピリ眠そう(笑))
前日入りして、準備をしてくれていたようだ。
画像

バスで大島温泉ホテルに行き、朝食を取る。

その後ゆっくり温泉につかりホテル内にて休憩。(温泉の朝風呂はいいね!)

暫らくしてから三原山山頂~椿花ガーデンリス村を観光。
画像
画像

昼前に宿に荷物を置き元町港付近で昼食を取り、受付会場のつばき小学校体育館へ行く。

いろはにほへと塾には、いつもお世話になっているので、お手伝いを申し出る。

受付の係りを加○さんと二人で行う事になった。
画像

お弁当と懇親会の申し込み受付なので、現金を扱うので、気を使い大変であった。
最後きっちり勘定が会っていたのでほっとした。(笑)

その間会場では、「ラン&ウオーククリニック」
「救急救命AED講座」
「ものまねショー」
「親子マジックショー」
「楽松師匠の落語」
「御神火太鼓」
「お楽しみ抽選会」等などの各イベントが行われていた。

会場が体育館という事もあり少し寒かったが、皆さん楽しんでいたようである。

特に最後の抽選会は大盛況で有った。

翌日の大会は3つの部門、100kmの部、59kmの部、フルの部からなり、参加人員は326名と超小規模の大会である。

しかし小規模ながら手作り感あふれた企画運営、エイドなどの充実さは素晴らしいものが有る。

ウルトラの部門は朝5時スタート、私が参加したフルは9時スタートである。

朝早くに小雨があったらしいが、この時間は良い天気で有る。
でも風が冷たい。

スタート時の写真を撮り、一番最後にスタートした。
画像

グランドを3周し、元町港に向かい、大島一周道路を時計回りに回る。

岡田港までの5kmは殆んど登りで有る。

今回は富士5湖対策の走りこみが目的なので、ウルトラペースで走る。
7分/kmとし、5時間を目標としている。

足の調子も良い。

第1エイドでは赤○先生と2ショット
画像

5km通過が36分(1分ov)その後は下りとなり、岡田港を過ぎトンネルを抜けると海が見える。
海は白波が立ち少し荒れていた。
画像

第2エイドのバナナケーキが美味しかった。
画像

緩やかなアップダウンが続き、10kmは1時間6分(4分-)いい調子で有る。

アンコ娘(?)が沿道に出て応援してくれている大島公園に着く。
画像

そこに第3エイドがあり、飲み物、バナナ、そして魚のツミレ入りのおかゆが有った。
画像

これがいける、暖かく美味しかった。

さ~ここからが正念場、気合を入れないと登りきれない、つずらおりの急坂が有る。

ここを越えると後は楽で有る?。

でも無いかな、このコースは殆んどフラットの所が無いのだから・・(笑)

今のところまだ元気なので、歩かずに何とか登れたが、きつかった。

その後はゆっくりとしたアップダウンが続き、裏砂漠地帯に出る。
画像

15kmの通過が1時間44分(1分-)まあまあかな。

これから先、波浮港まではアップダウンは有るものの基本的には下りである。

今回面白いコース取りがして有った。

20km手前から道路から外れて裏砂漠を走るようになっていた。
画像
画像

往復800m弱だが火山灰のオフロードを走り、まるでトレイルランのようで、面白かった。

20km通過が2時間23分(3分ov)だ。

暫らくすると波浮の港が見える。

ここからは一気に下るのだが、筆島の近くで落石があり現在通行止めで、迂回道路を走った。

筆島は絶景のところだけに残念であった。

途中、私設エイドが会ったが、この大会が島の皆さんに暖かく迎えられているもので、有り難い事だ。
画像

波浮港展望台エイドに巻き寿司、お稲荷、そしてホカホカのコロッケ、メンチカツがある。
画像

画像

丁度昼時、一通り、たらふく頂く。(笑)

25km通過が2時間56分(1分ov)になった。

波浮港から下って行くと「クダッチ」という地名が有った。
画像

「プッ!」と噴出した。
だって、坂を下ってるからクダッチ(下っち)って・・・(笑)

30km通過3時間34分(4分ov)差木地エイドに寄り、グレープフルーツを頂く、なぜか缶コーヒーも勧められる。

好意を無にしてはと、飲みきれないので、そのままポーチに入れ出発。
内心「荷物になるのにな~」と思いながら・・(笑)

暫らく走ると「地層大切断面」に出た。
画像

ここはカルデラ形成以前の約14000年間に噴出・堆積したスコリアや火山灰の積み重なりを観察 出来、その層がまるで「バームクーヘン」の様である。

その後の35kmの標識を見落としてしまった。

此処まで、膝の痛みや、脹脛の痙攣も無く、足の調子はいい。

大島の人は訪れる人や、動物、自然にも優しい。こんな看板を見つけた。
画像

「かえる」に 横断する時スリップするから注意しなさいよ!と優しい言葉をかけているものだった。(笑)

40km通過が4時間43分(3分ov)であった。

大島と言えば代表的な野菜に明日葉があるが最後のエイドに明日葉ケーキが有った。
珍しいので、これも当然頂いて来た。(笑)
画像

元町に入りもうすぐゴール・・だが、最後の難所が有った。

つばき小学校までの登り坂のきつい事、きつい事。堪らず歩いてしまった。

ゴールは5時間3分(8分ov)であった。
画像

                 完走メダル(新島ガラス特製)
画像

目標をオーバーしてしまったが、全エイド制覇し、十二分に楽しめた事は一番の成果であった。

尚、この様子が 日テレNewsで紹介されている。(動画も有ります)
URLは・http://www.news24.jp/131963.html 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のランニング: 28日・
伊豆大島ふれ愛マラソン: 42km
今月合計  174km
今年の合計 431km 

    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひで
2009年03月31日 23:51
参加者も応援する人も楽しめる良い大会ですね~。
エイドが充実していてファンラン派には堪らないですねぇ。
ゆっくりのんびり合宿がてら遊びに行きたいものです。
マイケル冗談
2009年04月01日 15:51
>ひでさん
まだ歴史が浅い大会ですが、地元の人に少しずつ浸透してきているようです。

おつまみ~ず☆大島合宿でもやりますか。
てつ
2009年04月03日 12:24
いいですね~ 素敵な旅ランやナイスか
いろんな楽しみ方があっていいですね

しかしカエル横断とは
2009年04月03日 12:39
エイド、凄すぎます
行ってみたいですが、関西からだと遠い気が・・・
完走メダルも素敵ですね
マイケル冗談
2009年04月05日 11:41
>てっつぁん
大島はいい所ですよ。
夏にでも又行きたいと思っています。

>マスチン
エイドの工夫は、ウルトラを、よく知り尽くしているスタッフがいるからでしょうかね。

ガラス製のメダルって珍しいですよね。
teddykeiko
2009年04月06日 10:52
大島、
マイケルさんの記事を見て
前から行ってみたいと思っていました。
来年もしあったら誘ってください
ガラスのメダルがほしいです(爆
ウルトラの練習にと申し込んだのに
つっこんでしまった
昨日のフルマラソン
マイケルさんの様子をみて反省です==
マイケル冗談
2009年04月06日 16:43
>おけいはん
大島良い所ですよ。天気良ければも・・・
実業団の選手もよく練習に来ている所です。

来年、是非参加して見て下さい。お誘いします。
多分気に入ると思いますよ。

四万十行って来ましたか?様子聞かせて・・