青梅マラソン

15日、第43回青梅マラソンを走って来た。

歴史ある青梅マラソン、昨年は雪のため史上2度目の中止となっていたが、開催日を従来通りの2月第3日曜日に戻し、例年を上回るエントリー数となったようだ。

30kmの部が15,000人、10kmに5000人、計2万人のエントリーがあったようだ。

私にとっては青梅Mは初出場、そして、今年初めてのレースであった。

大阪の友人が参加する旨連絡があり、10数年ぶりに会うので、レース後一緒に食事をしようと約束していたので、これも楽しみでも有った。

前日が春一番後の暖かい陽気で、この日も暖かい日になるとの予報、もしかすると暑くなるかな、と心配していた。

会場のある青梅線の河辺駅に着いたのは10時、凄い人出だ。ホームから改札に出るのに、4~5分掛かった。

受付をし、会場で大阪の友人を待つ、すぐ待ち合わせが出来、彼の友人柳○さん、加○さんを紹介してもらう。
どうもこの3人はウルトラの仲間の様だ。

中でも加○さんは「トランスエゾ」のフルを走るようなツワモノである。
レース後の打ち上げでも、これらの話題で盛り上がったのは言うまでも無い。(笑)

更衣室の体育館内は、凄い混雑、着替える場所も無い、やむえず、体育館横の植え込みの陰で着替え、そこに荷物を置いて来た。

レースは11時50分スタートだ。

スタート15分前に、トイレに並んだ。
・・・・が人が多く、スタート時間に間に合わなかった。
スタート2~3分してから、コースに出た次第。(笑)

今年のスターターは北京オリンピックの400メートルリレー銅メダリストの朝原選手だ。
手を振って応援してくれている。
画像

ランナー達から「あっさはら!あっさはら!」の大合唱になった。

道路はばが狭いので、のろのろと走る。
まるでほんわかとした、ウルトラの競技ペースで有る。(笑)
画像

しかもこの渋滞は折り返しを過ぎてからも続いていた。
でも私にとっては、シャカリキとして走るよりこんな感じで走れた方が楽で有った。(笑)

青梅街道だけに、梅の花が満開で、ランナーを「ウメ~具合に」元気付けてくれている。(笑)
画像

白梅だけで無く紅梅も美しい。
画像

往路は結構登り坂があり、ハードで有る。(オクムほどでは無いが。。)

沿道での応援も活発で、大太鼓などでの応援は素晴らしいものである。
ゆっくり聴きたいくらいであった。
画像

画像

画像

歴史ある大会の割には、給水の不備が目立って混乱しているところが多かった。

もっと幅広くテーブルを構えないといけない。

自分の思う様に走れず、行列が続くそして、10kmの通過が61分であった。

折り返しが1時間28分、折り返してからも、こんな混雑状態である。
画像

20km過ぎてからやっと行列がばらけて来た。

復路は殆ど下り坂であるので、気持ちよく走れた。

エイドは水とスポーツドリンクだけで、しかも手際が悪いが、沿道の応援を兼ねた私設エイドが結構多く有ったのには助かった。
画像


飴や、レモン、チョコレート等有難く頂いた。

応援といえば「江戸一RC」のコーチ夫妻がお馴染みの黄色の「のぼり」を立て応援してくれていた。
画像

やっぱり知り合いの応援はありがたいもので有る。

そしてゴール、時間は多分3時間4分ぐらいだと思う。
画像

時計を途中で押し間違えて、判らなくなってしまったのだ。

カメラを持って走ったので、スタート時の時間とゴール直前の時間から計算するとこんな時間だと思う。(笑)

風も殆んど無く、途中曇り空にもなり、さほど暑くも無く、絶好のランニング日和と成って、気持ちよく走れました。

レースでのこの混雑は、思い切って走りたいという人には向いていないが、のんびりとレースを楽しむには、とてもいい大会だ。
来年も走りたいなと感じた次第で有る。

レース終了後、大阪の友人とその友人、更に一人増えて5人で柳○さんの案内で、焼肉屋に直行、打ち上げを楽しんで、10月には四万十川ウルトラに是非一緒しようと約束した。(抽選に当たればだが・・)(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のランニング: 15日・
青梅マラソン: 30km
今月合計  125km
今年の合計 215km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひで
2009年02月17日 12:38
トランスエゾ...噂には聞いたことがありますが、実際に走ったことがある人は知りません。
こういう友人ができるのも「ウルトラの祖父」ならではのことでしょうね♪
コーチ
2009年02月17日 15:14
青梅はお疲れ様でした!
やっぱりコース上は想像以上の大混雑だったんですね★
主催者側はもうちょっとエントリー数を考慮して欲しいですね。。。
そんなコース上でも、ウメ~具合に帰って来るマイケルさんは流石です!
また、お会いしましょ~♪
通りすがり
2009年02月17日 18:50
通りすがりですみません。私も青梅、走りました。
感想は大体同じです。43回もやっているのにこの運営?と思う部分が多々ありました。
あの道幅で1万5千人を同時にスタートさせることやあの給水、荷物預けの不備などはひどいですよね。
反面、沿道の皆さんには助けられました。
みや
2009年02月17日 22:00
お疲れ様でした。やっぱり?お会い出来ませんでしたね。あの人数本当に凄かったですね。ホームのあふれる程の人混みにまず驚き、更に次の電車が入って人がふくれ・・・、怖かったです。でも応援は沢山でこれはやっぱり歴史でしょうか。写真を見ながら回想しています。
2009年02月18日 06:19
凄い人にはマイリマシタ!
沿道の応援が一番の名物ですね。レコード屋さんの「帰ってこいよ!」メロディーの連発を聞くと今年も走りに来たんだと思えます。
ちゃん太郎
2009年02月18日 07:24
青梅、お疲れ様でした
私はまだ走れる状態ではない為応援でした。
大好きな場所、御嶽にいましたがマイケル探せなかった
マイクゥと大声で応援したかった~

加○さん素敵な人でしょう
私の大好きで大切な友達です
今度一緒にしましょう。
てつ
2009年02月18日 08:08
折り返しでも渋滞?
 そりゃそごいや!!!
しかし、『再開』 いい感じで年を重ねてるなぁ
っていつも感心します
アンパンマンはランナーですか?
マイケル冗談
2009年02月18日 09:35
>ひでさん
この方は、ほんとに凄い人でした。
なんか、今後もあちこちでお会いする気がします。

>コーチさん
応援有り難うございました。
あの黄色いノボリは良く目立ちます。(笑)

>通りすがりさん
お立ち寄り頂き有り難うございました。(笑)
たしかに、運営には少し考慮が必要ですよね。
でも、沿道の応援は素晴らしかったですね。
これからも、お立ち寄りくださいませ。

>みやさん
お会いしたかったですが残念でした。
それにしても凄い人でしたね。
どこかでお会いできる事を楽しみにしています。

>トリさん
沿道の応援、素晴らしいですね。
その点では、又走りたい気持ちです。

マイケル冗談
2009年02月18日 09:35
>ちゃん太郎さん
御嶽に居られたのですか、気がつかなかったです~。
加○さん、お知り合いでしたか。
1回だけのでしたが、とっても素晴らしい方と思いました。
私の今後の目標に成る方だと感じました。
是非、ご一緒しましょう。

>てっつぁん
こんな大会も、話しの種にも成るし、いいかも!
アンパンマン・・残念ながらランナーではなかったです。(これは多分、頭が重すぎます。)

Haru
2009年02月18日 12:57
お疲れさまでした~
それにしてもスゴイ人ですね!
ランナーも沿道の応援も

去年雪で中止になってしまい、
走ることができなかったので、
いつかチャレンジしてみたいです
2009年02月18日 23:51
「青梅マラソン」は何度走っても辛いです。
ハーフでもないしフルでもない。そのサジ加減と
アップダウンのコースがキツイですね。
結局ハーフのスピードで走ってしまい、
後半つぶれるのがパターンです。
マイケル冗談
2009年02月19日 10:12
>haruちゃん
あの狭い街道に15、000人は無理がありますね。
応援は素晴らしいですよ。

いつかとは言わないで、来年一緒に行きましょう。

>ププさん
今度の様に混んでいたら走れないのでもしかすると、後半いい走りが出来るかも?(笑)