第6回グリーンチャリティ24hリレーマラソンin夢の島 

9日~10日行われた24hリレーマラソンin夢の島に参加した。
この大会は2003年から毎回参加、おつまみ~ず☆の恒例行事と成っている。
画像

24hリレーマラソンは大会当日だけでなく、その準備段階からメンバー全員が分担し合い、当日はテントで寝食を共にし、ランニングだけで無く、楽しい会話や悩みや相談といった事もする様にもなり、より仲間意識が深まっている。

現在のおつまみ~ず☆の強固な結束が出来た原点はこの大会からと言っても過言では無い。

今年から会場が「夢の島競技場」に変わった。
陸上競技場は全天候型でトラック内は天然芝の本格的な所である。

テントなどの準備も有り10時過ぎには会場に到着。
やがてメンバーも集まり、慣れたもので、テント張りや荷物の搬送なども、誰ともなく手際よく進む。

今年おつまみ~ず☆は24hリレーは11名、24h個人走に1名がエントリーしている。
お馴染みの健ちゃんやホノマラつながりのVRさんが24h個人走にエントリーしている。

VRさんは我々のテントブースで変身をする。
いつも完成の姿を見ているが、変身ショー?を生で見る事が出来て楽しかったし、参考になった。
画像

参考になったと言っても、同じ様な事を真似する計画はまだ無い。(笑)

ショウさんの愛娘カアナちゃんママのトモちゃんと応援に駆けつけてくれた。
マイケルジージを忘れてしまったのか、すぐにはダッコさせてくれない。(笑)

そしてVRさんを見て「アラッ!やだ、こんなメイク、はじめてだわ!」(笑)
画像

準備が整い、テント前での写真が冒頭のものである。

ウルトラの世界的ランナーの沖山さんは6時間個人走にエントリー、われわれのブースを利用してもらう事に。

そしてこのブースで小さな恋が生まれようとしていた。
カアナちゃんとharuちゃんの甥のユウタ君である。
積極的なのは、今時は、やはり女性かな?(笑)
画像

走る順番はいつもの様にハンドルネームのイニシャルで決めるが、今回はいろはの後ろから、そして最初は1周交代となった。

んじゃ!マカプウさんがトップ、マイケルは2番目じゃん。
コリャ忙しい、すぐ走れる準備をしなければ・・・(笑)

やがて午後1時になり一斉にスタートとなる。
さあ、長丁場な舞台が始まった。

コースは競技場スタートで、マラソンゲートから競技場を出て、競技場外周を1周し、再びマラソンゲートから競技場内に入りトラックを1周する1,140mのコースである。
これを周回するのである。

スタートは24hのチーム、個人、6hのチーム、個人で一斉に走る。
当然個人とチーム走では走るペースが違うので最初は混雑さが目立つ。

5分ほどでマカプウさんが帰ってきた。
コースを回ると従来より走りやすい。

今までは夢の島公園内の陸上競技場であったため、他の施設への一般の利用者も多く、走りにくかった。
ここは公園側と比べると、かなり閉鎖的であるからだ。

1周回が終わり次回から3周となる。
これで2時間近く、順番が回ってこないので少しは楽になる。

スタートして数時間は時々日差しが出たりしていたが、お天気が怪しい、やがて降ってきた。

昨年と同じ様である。
昨年は雨の量が多く、場所も悪く、洪水状態だった。
テント周りに溝を掘る土木工事をした程であった。

今回はトラックの外周側に人工芝をテント用に敷かれてその上であったため、全く問題なかった。

アン☆ドウの里美ちゃんも6時間個人走に出ていた。
来月のゴールドコーストマラソンに出るための練習だそうだ。
我々のテントにも寄ってくれるようだ。
画像

その後の天気は、降ったりやんだり、時には豪雨と言っても良いくらいの降り方もあった。

おつまみ~ず☆のドラエモンはこの大会では有名。
今回の大会パンフにも利用されている。

おつまみ~ず☆はドラエモンをはじめ色々なコスチュームで楽しんでいるが過去に2度も大会を盛り上げてくれたと言う事で「特別賞」を貰っている。

今回ももちろんドラエモン、どらみちゃんを中心として、ナース、ミニスカポリス、女子高生、ゴリエ、大根ちゃん、YMCAヒデキ等で回りも自分も楽しんでいる。(笑)
画像

画像

6時間走が午後7時には終了、終了間際の沖山さんのYMCAヒデキに扮して周回したのにはランナーとしての凄い人で有りながらひょうきんな1面が有るホットな人柄には驚き魅力を感じた。
画像

里美ちゃんも周回中何度か我々のブースに立ち寄り、終了後もわざわざ「おつまみ~ず☆と写真を・・」と言って来てくれた。
画像

6時間走が終了すると、会場の雰囲気も変わってくる。
放送もなくなり、ランナーの数も1/3に減り静かな会場となる。

我々の一人あたりの周回数も5周ずつに増やし、仮眠できる時間をつくる。
でも、結局ほとんど寝られなかった。
(ぐっすり寝ていた人もいたようだが・・(笑)

夜中もお天気は同じようで、時おり強い雨があった。

24h個人走のゆこりんは足の痛みや、睡魔と闘っているのを見ると、いかに24h走の厳しさが感じ取れる。

「そこまで頑張ったのだから、もういいじゃないか、止めたら。」と言いたいほどだった。
正直見ていて此方も辛かった。

男性のVRさん、健ちゃんも相当辛そうだから尚更である。

感心したのはゆこりんをサポートをしてくれたネネさんの行動である。

機敏な動きだけでなく、ランナーの心理や気持ちを汲み、サプリや食事や飲み物の量、会話での言葉、素晴らしいサポートであった。

自らの体験が有るからこれだけの事が出来るのだろうと思う。
ゆこりんも後で言っていたが個人走というが、個人では不可能、サポート体制を含めたら団体競技と同じで有る事を認識させられた。

(10日のフィナーレに続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月12日 09:13
今回は良かったと思えることが多かった
・会場・・・アンツーカーを走れる嬉しさ
・雨は降ったけど晴れもあった
・ゆこりん健ちゃんVR君の健闘と素晴らしい結果
・ねねちゃんの献身的且つ適切なサポートと笑顔のプチ叱咤
・たくさんの差し入れを頂戴した
・多くのランナーに頼られる存在だった(ただの飲兵衛ブースやない
・ユウタ君とかぁなちゃんの初恋!?(ユウタ、男になれ!)
・新たなコスプレ
・まさか世界の沖山英樹?のノリノリ仮装
・まぐろ君の加入(茨城産天然モノのまぐろは好青年
・300k超え・・・やったね!(250周目標と考えてたけど

来年も頑張りましょうね
2007年06月13日 21:06
>てっつぁん
ホント、楽しかったですね。♪
夢の島、5回目ですが、今回ほど感動した事はなかった。(24h個人走がそうさせたのかな?)