走り初め&年頭所感

今年初めて荒川河川敷に出て走ってきた。
いわゆる走り初めである。

年末の29日以来6日ぶりのjogである。
またしても、出遅れの感も無きにしも非ず。

昨年1年間 2,514km走り、2001年から走り始め6年間で12,900km余となった。
その時点で立てた私の生涯目標は42,000km、従って残りは29,200km余となった。

今年の走行距離であれば後11~12年掛かる事になる。
出来るだろうか?

因みに、私の生涯目標の立て方は次のようなものであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        生涯目標=フルマラソン1,000回の距離

僧侶の修行で「千日回峰行」というものがある。
其の概ねは下記の様であるが、その間歩く距離は地球1周に匹敵する4万Kmにも及ぶそうです。

フルマラソンは42.195kmこれの1,000倍が4万2千キロ、やはり概ね地球1周である。

千日回峰とフルマラソン千回分を一つの目安として決めたい。
(本物の千日回峰行とは余りにも遠くかけ離れてはいるが・・洒落のつもり)
還暦から始めたマラソン、生涯の走行目標を4万2千キロとする。

でも年間2,000kmとして20年かかる。
さすれば単純計算で80歳には達成である。
無理をしないで頑張ってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千日回峰行:
比叡山廷暦寺の「千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)」は荒行中の荒行とされています。
千日といっても連続して3年間という意味ではなく、7年間をかけて通算1000日の間行なわれます。
最初の3年間は、1年のうち100日だけ行が許され、1日30Kmを歩いて255ヶ所の霊場を巡拝ます。
続く2年間は1年に200日、同じ修行を行ない、この5年間で通算700日となります。

ここに至って、9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」に入ます。
この行を修めないと次の行に進むことは許されません。
通常、人間が断食・断水状態で生きられる生理的限界は3日間とされていることを考えれば、信じがたいほどの苦行といえるでしょう。
この行の後、6年目は1年間に100日の行となります。
1日に歩く距離は60Kmと倍増し、巡拝する場所も266カ所に増ます。
7年目は、前半の100日間が1日84Km、300カ所の巡拝となります。
1日にこれだけの距離を歩くとなると睡眠時間はわずか2時間。
夜中の12時に起きて歩き始めるそうです。
最後の100日間は当初の1日30Kmの行に戻ります。
これで合計1000日間、歩く距離は地球1周に匹敵する4万Kmにも及びます。

「断食、断水、不眠、不臥の行」とは:
9日間の断食・断水という超人的な苦行に入る。
いよいよ厳しさの増す6年目からの行に備えて、「五穀断ち」の「前行」が100日間行なわれます。
この間、修行者はそばと少量の野菜以外はいっさい口にしません。
人間の細胞は3カ月で入れ替わるとされていますが、この期間に、その後の厳しい修行に耐え得るだけの肉体と精神力を養うのではないかと考えられています。


さあ、今年も生涯目標に向かって、無理せず、楽しく望んでいこう。
オット!早めに今年の計画を立てなくっちゃ~ね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のランニング:戸田公園~岩渕水門 
4日・ 10km 
今月の合計 10km 
今年の合計 10km 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ププ
2007年01月07日 18:33
千日回峰行って凄いですね。
当然、シューズではなく草鞋のようなものなのでしょうし。
僕も計算してみたら、
今までレースで約3,600Km、
練習で約18,000Km(ただし月間100Kmとして)。
トータルすると約21,000Kmになりました。
つまり42,000Kmの半分を走ったことになります。
そう考えると「凄いじゃん」と思います(笑)
マイケル冗談
2007年01月08日 10:22
>ププさん
すごい事ですよね。
織田信長の比叡山焼き討ちでそれ以前の千日回峰行の記録が無いが、焼き討ち以降、回峰行を二千日満行したのは僅かに三人だそうです。
ププさんなら二千日分は出来るのでは?(笑)