三原山砂漠一周マラソン


11月13日・日本で初めての砂漠マラソン大会「三原山砂漠1周マラソン&ウオーキング大会」に参加した。
このイベントは大島町施行50周年記念行事として開催されたもの。
次は100周年目なのだろうか?(笑)

マラソンコースは三原山(764m)山頂口をスタート~櫛形山(670m)経由カルデラ内一周~大島温泉ホテル迄の8kmである。
三原山の内輪の溶岩地帯および砂漠地帯を走るマラソンは、日本で初めてだと言っていた。
ウオーキングはコースが異なる10kmである。

朝の目覚めはウグイスの「ホーホケキョッ」鳴き声であった。
でもまだ下手な鳴き声である。
今年中には上手くなりお正月には美しい声になっていると思う(笑)

朝食後宿の主人が車で三原山山頂口まで送ってくれた。
今日は昨日と打って変わって風も無く快晴である。
山頂は気温が7~8℃と低いが風がないので然程寒さは感じない。

いろはにほへと塾のメンバーで当日参加の人たちとここで出会う。
昨日の練習会メンバーの内5名参加、合流組みが5名の計10名が参加となった。

砂漠地帯を走るので靴の中に砂や石が入る事が予測されどうしようか迷った挙句、ポリ袋の底を切り暫定武装をしてみた。(アルバム参照)
でも、カッコ悪~い。(笑)
結果的に最後まで石などは靴に入らなかったので成功である。

準備が出来たところで記念写真を撮る。
でも9名しか写ってなんですけど・・・・(笑)

10時スタート、すぐ火口に向かって走る、火山灰(砂)の下りである。
坂を下り終えると平地で走り易い。
両脇にはススキがびっしり、穂が陽に反射して美しい。
写真を撮りながら走る。

そのままフラットな所かと思っていたらとんでもない。
結構火口の中はアップダウンがある。

一昨日からの雨で火口の一部に大きな池が出来ている。
砂漠の中なのでまるでオアシスのようだ。

砂にガレキが混じっており、足元を注意しないと非常に危険である。
砂漠とよく言ったものである。
周りは木や草一本生えていない。
道という道はないのでコーンや案内がないと迷ってしまうだろう。

汗が吹き出てくる。
給水所が一箇所あった。
ホッと一息つく。

櫛形山という小高い砂の山を登る。
急斜面を登るが昨日の雨で少し締まっているとはいえ登りにくい。
ズルズル崩れてもがきながら登る。
頂上から下を見るとほんとうに砂漠地帯と実感する。
下りも同様に歩きにくい、砂を崩しながら下る。

その先の5kmほどの所から周りの様相ががらりと変わる。
ジュラシックパークに来たような大きな溶岩がゴロゴロしている地帯だ。
足元は最悪の状態となる。
慎重に走るというより歩く。
マイケルザウルスがノシノシと・・・・(笑)

再び砂地に出てホッとする。
前方にゴールの大島温泉ホテルが見えてきた。
ここで、やっとランニングらしい走り方が出来る様になった。(笑)

そしてゴール。
アンコ娘がテープを持って待っている。
ゴールする前に写真を撮ったら「ゼッケンNo053の人~そんなとこで写真を撮ってないで、早くゴールしてくださ~い!」と放送されてしまった。
周りの人が笑っていた。
ゴールする人を写真に撮るがゴールする人が写真を撮るのは珍しいのかもしれない。
「よっしゃ~笑いをとったで~」と1人ご満悦。(笑)

ゴール後に「あしたば汁」のサービスがあった。
名物のあしたばやタップリの野菜、魚などの味噌仕立て、これが美味しかった。
お代わりをしてしまう。

やがて表彰式。
なんと男子の部の優勝はわれらの塾頭、沖山さんである

さすがである。33分18秒、2位を2分ほど引き離してのぶっちぎの優勝である。
アップダウンの有る砂地やガレキの中を4分10秒台/kmで走ってしまうのだから恐れ入りました。

更にわがいろはにほへと塾は女子の部でも瑞穂ちゃんが2位となった。
瑞穂ちゃんは今年の2月の合宿時に一緒に来ていた笹田君と先月結婚したとの事。
なんとお目出度い事である。
(笹田君は3年前スパルタスロンを完走している猛者)
今回も二人で参加している。

優勝、準優勝賞品は「さざえ」であった。
表彰式が終わり宿の主人の車で旅館まで戻り、お風呂に入り汗を流し昼食。
少し早いが午後2時過ぎに元町港に行く。

帰りの船は2時50分発のカメリア丸。
見送りには観光協会の人とひとみちゃん(自称:いろはにほへと塾大島副支部長)、陸協の方、沖山さん(別便で帰京予定)が来てくれた。
今回はテープが無く少し寂しい感じで有る。(笑)

船が出ると荷物を置きデッキに出て早速「船上打ち上げパーティ」の始まりである。(笑)

酒の魚は優勝&準優勝の副賞のサザエだ。
宿で昼食の間に旅館の調理場に頼んで調理してもらっていた。
こんな事は抜け目がないのがいろはにほへと塾だろう。(笑)

4時間ほどの船旅も飲んで食べて喋っているうちにあっという間に横浜港に着いてしまった。
大島一周RUN練習会といい今日の砂漠マラソンといい、大変印象に残る楽しい2日間であった。
来るたびに思う・・伊豆大島は素晴らしいところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

K-GOLD
2005年11月16日 20:44
マイケルさん
楽しいリポートありがとうございます
いつ読んでも、自分が参加している気持ちになります。
さざえの件、さすがですね!
走子
2005年11月17日 07:40
私も行きました。何時って?はい、30年前、女子大生の頃♪ ロバみたいな馬で三原山を登る写真が。(爆)
食い入るように見てしまいました。^^
ゼッケンNo053の人に感謝ですわ。こうして楽しく大島を楽しめました。マイケルさん素敵~♪
次は金閣寺!?
VR
2005年11月17日 22:02
私が時々走っている藤沢~茅ヶ崎の海岸のサイクリングロードからは、空気が澄んでいると水平線に大島が見えます。
見えるのですが、残念ながらまだ行った事がありません。
こんな素敵なイベントが行われていた事もまったく知りませんでした。
次に大島が見えた時、マイケルさんのお陰で大島がちょっとだけ近くに感じるかも知れません♪
マイケル冗談
2005年11月18日 17:01
>K-GOLDさん
サザエですが優勝者の沖山さんは都合で帰りは別便でしたので食べられず、我々で全部頂いた。(笑)

>走子さん
砂漠をロバで・・以前はあったらしいですね。
でも砂漠はラクダですよねえ。
それも月夜の晩に王子さまと・・(笑)

金閣寺・・・ブッシュさんに先をこされました。(笑)

>VRさん
大島はほんといいとこですよ。♪
実業団や大学の陸上部が良く合宿に来ています。
今回もTVクルーを引き連れて駒大が来ていました。
来年の3月25日大島で100kウルトラが有りますので参加して下さい。
おつかれさまです♪
2005年11月20日 23:42
マイケルさんおつかれさまでした~。

走ることも、そのあとの打ち上げも
有効に楽しんでいる、その技に感激です。
大島、本当にいいところですね。。
いつかいってみたいものです。。
teddykeiko
2005年11月20日 23:44

はっはっは♪
名前を入れ忘れました(爆
マイケル冗談
2005年11月21日 14:05
>teddykeikoさん
大島は2月頃が良いですよ。♪
名物の「つばき」が見ごろを迎えます。
上京の機会には是非!
ナンセ、伊豆大島は東京都内ですから・・・(笑)
ふうみん
2005年11月21日 14:36
マイケルさん、らんこサン、もとちゃんの所属するおつまみーず西日本支部の会員になれると思っていたのに、延期です。じゃ、単独支部設立してしまおうかと考えております。ソウル支部、どう?

伊豆大島、、、いいな。日本に復帰して、あちこち走りまわりたいのにな。ホノルルで毎朝はしりますから、見かけたらよろしゅうお願いしますだ。
マイケル冗談
2005年11月23日 16:45
>ふうみんちゃん
来年から国内の大会でお逢い出来ると思っていたのに残念です。

ソウル支部・・いいですね。
おつまみ~ず☆ソウル支部長に任ず。(笑)

ホノルルで朝runご一緒しましょう。

この記事へのトラックバック