マイケルの冗談Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 一本歯下駄トライアルPart4

<<   作成日時 : 2016/10/22 16:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月15日、一本歯下駄トライアルPart4を行った。

前回(Part3)は母趾内転筋部分よりやや土踏まず寄りにやってみたが、今回は更により土踏まず寄りにセットしてみた。
画像

画像


距離は3.2km程をウオーキングとランを半々であった。

走れない事は無いがウオーキングの方が楽だった。

今回のケースでは特に負担が重く掛かる様なところは無かったのは少し慣れてきたのだろうか?

いや、まだ距離が少なすぎるのかもしれない。

走る場合は膝をいつもより上げないと走りにくい。

膝を上げる習慣付けにも良いかも知れない。

更にはランニング着地の「フラット着地」の練習には向いているのではないだろうかと思った。

ある資料によると「フラット着地」は体の重心の真下で着地しやすくなるため、着地衝撃も脚ではなく体幹の大きな筋肉で受け止めることが出来その結果、膝やふくらはぎ、足首などへの負担も少なく「省エネ走法」とも呼ばれているとのこと。

「フラット着地」の習得を走りながらする場合、
強く意識しておかないと習得が難しいことや、
バランスよく身につけないと全体のフォームが乱れてしまうリスクがあり、
ストライドを広げたりペースアップの際に着地が崩れやすく、
ヒールストライク(かかと着地)になりがちなところも問題点としてある。

その点一本歯下駄でのトレーニングならフラット着地を身に着けやすい筈なので向いていると所以である。

次回は少し距離を伸ばしてみよう。(目標 5km)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一本歯下駄トライアルPart4 マイケルの冗談Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる