マイケルの冗談Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 下肢静脈瘤の手術

<<   作成日時 : 2016/07/29 17:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

何年前から不明であるが、左足の膝の内側に数センチの瘤(こぶ)が、向こう脛に血管(静脈)が浮き出ていた。(いわゆる静脈瘤)

数年前、ラン友からの指摘もあり意識するようになったが、痛くも痒くも無く、然程問題だとは思っていなかった。
画像


文献によると「日本人の約 9%に下肢静脈瘤が有り、患者数は1,000万人以上と言われている。
女性に多く出産経験のある成人女性の2人に1人が発症する。
2005年の40歳以上を対象にした調査では、全体で8.6%(男性3.8%、女性11.3%)に認められるとの事。「下肢静脈瘤」はあまり認知されていないが、身近な病気なのだそうだ。

たまたま仕事仲間が4月に「静脈瘤」の手術を受けた話を聞き、簡単な手術だった様なので、一度マイケルの状態で手術が必要なのかDRに相談してみようと思った。

掛かりつけのクリニックのDRに診て貰ったら「一度、専門医に診て貰った方が良い。」との事だったので紹介状を書いてもらった。

紹介されたのはTCS病院の「心臓血管外科」である。
検査結果DRの見解では静脈の太さが4mm以上では即手術必要だがマイケルの場合3〜4mmの側枝型タイプで今の程度では手術するか、硬化療法・弾性ストッキングでの治療法のどちら、でも可能とのこと。(即手術の必要性はない。)

DRとよく話し合いした結果、静脈瘤の原因は血管内の静脈弁が不全になる事で弾性ストッキングなどの保存治療で様子を見る方法でも良いが静脈弁が元に戻るわけではない。
静脈弁が元には戻らないなら手術を受けたいと希望した。

そして今回の手術となった。

短時間とはいえ手術は手術、半日でも入院が必要らしい。

7月15日 12時に入院手続きをする。
手続きが終わると直ぐ病室に案内された。

病室は5Fの大部屋(6人)だった。
但し、入院患者はおらず、個室同然の部屋であった。
暫くして担当の看護師2人が来てこれからの手順が説明された。

手術着に着替え点滴が付けられる。
点滴はマイケルの孫娘の様な20歳の新人看護師がセット、慣れないせいかかなり手間取っていた。(可愛い娘だったので許す。😄)

時間になり車イスにて2Fの手術室に移動する。

手術室に入ると姓名、生年月日、手術の内容の確認があり、幾つもの手術室が有ったが入口から2室目に入る。

部屋に入ると直ぐDRが来て手術手順の説明があった。

手術用ベッドに座らされ、エコー検査で施術箇所を最終チェック、手術部位にマジックインクでマーキングする。

その間、看護師から「好きな音楽のジャンルは何⁉️」と聞かれた。
手術中のBGMの患者の希望を聞き有線放送を流してくれるらしい。
BGMを患者の希望を聞いてくれるのは、初めての体験であった。
「ヒーリング・クラシック音楽」を希望した。

ベッドで横になりやがて手術が、局部麻酔なのだが胸のあたりにカーテンがかけられる。
数カ所麻酔注射・・これがチョット痛かった。

カーテンで遮られているのでどんな様子かは判らないが、痛くはないが、血管を引き抜く感じは判るのでドキドキした。

2〜30分程で終わると思っていたので、マイケルが想像していた以上に時間が掛かり途中で心配になってきた。

DRが「終わりました。包帯は明日の朝、外してください。シャワーは良いが、風呂は1週間NG、明日からは「弾性ストッキング」を日中は着けておくように。」手術は15:30に終了 1.5時間掛かっていた。

看護師が「取った物(静脈)を見ますか?」との事だったので見せてもらった。
直径10p程のプラスチックのトレーに入っていた。
ホルマリンに浸けられた直径2〜3mmの透明のチューブみたいで、所々が膨らんでいる物が数本あった。

手術室から病室へは車いすで移動、部屋で休息、1時間後血圧、脈、出血異常等を確認する。
特に異常な様子が無い様なので、16:30頃点滴も終わったので帰宅が許された。

17時頃病院を後にした。

手術翌日から家事・デスクワーク程 度は可能ですが、2〜3日は休養、ウォーキングや自転車は手術後2週間をすぎてから、激しい運動は3週間後からにとの事であった。

一週間後の22日、抜糸の為通院,DRの見解では「綺麗についているので、問題ない。次は4週間後の8月19日に診せに来てください。」との事だった。
画像


画像

                    一週間後の抜糸後の写真

今日は7月29日 手術から2週間が過ぎ,JOGを試みた。

自宅から荒川河川敷を走ってみよう。
昨日、関東地方の梅雨明け宣言が有り、その通りの真夏日となった。

抜けるような青空、真っ白な入道雲、大好きな夏到来である。
鬱陶しい陽気が去り、マイケルの脚の手術も全治に近い。
画像

                      今日の(7月29日)現在の状況
             
近くの「どんぐり公園」でストレッチをしているとカンナの花が祝福してくれている様に花開いていた。
画像
          
河川敷に出て浮間公園を2周して休憩、自販機でコーラを・・・
画像

ラベルに「ワクワク」の文字が・・マイケルの気持ちを察してくれているようだった。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下肢静脈瘤の手術  マイケルの冗談Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる