マイケルの冗談Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 第10回東京マラソンに参加して

<<   作成日時 : 2016/03/07 10:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月28日第10回東京マラソンを走ってきた。
画像
画像


第2回に出場、その後、毎年応募してきたが落選、今回8年ぶりに当選した。

それも第10回の記念大会に当選、出場者は37,000名、今回の競争率は11.3倍との事、落選してしまった30万人の分まで楽しまなくては申し訳ない。(笑)

お天気は(スタート時)無風、快晴 気温は13℃ 絶好のマラソン日和であった。
午後からは北風が出てきたが全く問題なかった。(第2回に出場した時も良い天気であった。)

Run友が何か所で応援してくれる予定なので、とても楽しみでもある。

都会を走る、それも都内の幹線道路を占有して走れるとは、何と爽快で幸せな事である。

コースは新宿の都庁からスタートして皇居〜品川(折り返し)〜銀座〜浅草(折り返し)〜東銀座〜豊洲〜有明(東京ビッグサイト)ゴールである。

朝7:30頃会場に到着、スタートブロックはG(A〜L迄ある)

荷物を預け8時過ぎにブロックに入るが大チョンボに気づいた。
「やっちまったぜ!」デジカメを荷物に入れたまま預けてしまっていた。
一旦、荷物を預けるとゴール地点まで戻せないので諦めるしかない。(笑)

走友のみやさんがGブロック居るはずなので探すが見当たらない。

1ブロックには3,000人程居るので難しい。

「マイケルさん?」と声をかけてくれた方が・・
画像


以前チーム・いいかげん企画のイベントに参加してくれたミヤタさんであった。
スタートまで1時間近くボケ〜と待って居なくてはならぬ処を楽しく過ごせたのは嬉しかった。

やっとスタートGブロックのマイケルがスタートゲートを通過出来たのはジャスト10分遅れだった。
画像


新宿から皇居迄は基本的に下り坂で走りやすい。

7〜8km付近でGブロックで会えなかったみやさんと会う事が出来、二言三言であったが話が出来嬉しかった。

仮装しており相変わらず若々しく元気そうであった。
画像


スタート迄の待機時間が長く、トイレの心配があったが、コース途中のトイレが予想以上に多く設定されていて全く心配がない運営に感心した。
(コース上のトイレが数百Mから1km以内に有り、次のトイレの位置も表示されていて有り難かった。)

10km手前の二重橋付近に「おつまみ〜ず☆」のププさん夫妻、てっつぁん夫妻、トリさん達RUN仲間が応援に来てくれていて元気を貰う。
画像
画像


その後も浜町(25km)付近に移動してくれて応援を受けた。(有り難うございました。)
画像


応援といえば他に復路の浜町(31km)付近で愛ちゃんが私設エイドのボラを、
画像


東銀座付近(35km)でおさる師匠、晴海付近(38km)でサンディさんから声をかけられ、特に、サンディさんからは[SAVAS・Pitin]の差し入れも頂き最後の一番苦しい時のエネルギー源になって有り難かった。
画像
画像


スタートからゴールまで沿道の応援があり、歩く事には勇気がいる。

でも、マイケルは結構歩いたので勇気があったのかな?(恥笑)

翌日、主催側の発表では沿道の応援は109万人だったとの事。

ランの様子は前半のハーフ(21km)迄は自分のペースで走れたが銀座を過ぎたころから足の調子が・・・・

両足の脹脛がピクピクしてきて足が攣りそうになってきた。

ペースを落としエイド毎にストレッチを頻繁に行うようにし騙し騙し走ってきた。
この辺が特にやばかった。(笑)
画像
画像


日頃の練習不足がキッチリ出た事に猛省した次第。

浅草・雷門を過ぎて暫く走ったところに白馬に跨った人が・・
画像
画像

警視庁騎馬隊の方だった。   カッコイイ!

場所も「駒形橋」の袂とは、粋な計らいと感じた。(笑)

実際は見られなかったが、他にもランニングポリスや、立ち乗り電動二輪車セグウェイ、飛行船での警戒等、見せる警戒に一役買っていて、警視庁も祭りの様相となっている。
見せる警備も嬉しい事だ。

ヘロヘロながらも完走、ここ数年味わった事がない、目一杯、楽しく充実した東京マラソンであった。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第10回東京マラソンに参加して マイケルの冗談Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる